FPの選び方・探し方

申込保険相談にのってくれる「よいFP」とは、どういう人物のことをいうのでしょうか。これには複数の条件があり、多くの保険会社・保険商品に関する深い知識があり、的確なアドバイスを行なうことが可能な人、保険商品の契約手続きを行なうことが可能な人、契約を無理にすすめてこない人、無料の保険相談を行なっている人であれば、実際に頼ってみた場合に満足感を得やすいといえるでしょう

次にFPの探し方ですが、友人や知人の紹介や電話帳で調べてみる方法、広告宣伝で知る方法などいろいろなファイナンシャルプランナーを知る手段が存在しますが、ここで一番おすすめしたいのがインターネットです。多数のファイナンシャルプランナーが登録しているウェブサイトがあり、インターネット経由で保険相談の申し込みを行なうことが可能です。無料で、面談による保険相談が可能なところがあるため、一度チェックしてみることをおすすめします。

流れとしては申し込みフォームに必要事項を入力・送信後、無料相談の説明や面談の日時などの連絡がきて、担当のFPが面談の日時にやってきて相談者の希望を聞き、最適なプランが提案されます。無理な勧誘を行なうFPに関しては変更の対応をしたり、登録抹消などのペナルティが与えられたりするところもあり、このようなところだと安心して利用することができるのではないでしょうか。

独立系FPの特徴

考えるファイナンシャルプランナーは企業内FPのほかに、独立系FPがいます。独立系FPというのは、保険会社に所属しておらず、個人や法人として保険相談にのってくれるファイナンシャルプランナーのことをいいます。この独立系FPには、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

独立系FPのメリットとしてなにがあるのかといいますと、保険の知識が豊富にあります。なかには複数の保険会社の商品を取り扱うファイナンシャルプランナーもいます。このような人にあたった場合には、数多く存在する保険会社や保険商品のなかで、どこ(なに)が相談者にとってベストなのか提案を受けることが可能な点が魅力的です。複数の保険会社や保険商品を比較して契約や見直しに踏み切りたいという人に、独立系FPは向いているといえるでしょう。もちろん将来のライフプランニングのアドバイスもしてもらえます。

ファイナンシャル・プランナー(Financial Planner)は、収入・負債・家族構成・資産状況などの情報をもとに、住居・教育・老後など将来のライフプランニングに適した資産計画やアドバイスを行う職業です。

一方、独立系FPのデメリットに関してですが、独立系FPといってもさまざまで、講師や著者としての活動を中心に行なっている人もいます。この場合、講義や執筆に力を入れているファイナンシャルプランナーであるため、実務レベルでの保険会社や保険商品の知識が不十分であることがあります。また、保険商品の取り扱いなどが不可能であるため、保険の契約を交わすには改めて別の専門家に相談をしなければいけない点がやっかいなところです。

企業内FPの特徴

FPに相談保険相談にのってくれるファイナンシャルプランナーのうち、企業内FPにはどのような特徴があるのでしょうか?まず、企業内FPというのは保険会社の社員として在籍していて、自社の保険商品を提供しているファイナンシャルプランナーのことをいいます

はじめに企業内FPのメリットを紹介しますが、ファイナンシャルプランナーが所属している保険会社の保険商品に関する知識は非常に深いです。相談者の話を意見を聞くことにより、自社のどの保険商品が希望にピッタリなのか、的確なアドバイスをしてくれることでしょう。「ここと契約する」と、保険会社を一社だけに絞り込んでいる人にとって、この点は大きなメリットといえるでしょう。

続いて企業内FPのデメリットに関してですが、所属している保険会社のセールスを行なっているわけですので、保険の知識は豊富にあるものの、他社の保険商品のことまでは精通していないというファイナンシャルプランナーが少なくありません。詳しかったとしても、他社の保険商品をすすめるようなことはしないでしょう。そのため、複数の保険会社の保険商品を比較して決めたいという人にとっては、企業内FPには不満を感じてしまうかもしれません。続いては、独立系FPについて説明します。

保険相談にのるFPとは?

保険のスタッフ新規で保険の加入を検討していたり、現在加入中の保険の見直しを検討していたりする人で、どういう保険商品が自分にとってベストなのか、疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。また、各保険会社のカタログやパンフレット、インターネットなどの情報を収集し、候補の保険商品はあるものの、自分の判断が適切なのかどうか不安に感じている人もいるはずです。このような人のなかには誰かの意見が聞けると助かるという人も多いのではないでしょうか?実は保険相談に乗ってくれるプロが存在しており、その人のことをFP=ファイナンシャルプランナーといいます

ファイナンシャルプランナーには大きくわけると2種類があります。「企業内FP」と「独立系FP」と呼ばれる人たちです。まず、企業内FPというのは、会社に社員として在籍していて、その会社の商品・サービスを提供しているファイナンシャルプランナーのことをいいます。次に独立系FPはなにかといいますと、企業の社員として自社の商品・サービスを提供するのではなく、個人・法人として保険相談にのり、相談者に合った保険会社の保険商品の提案などをおこなっているファイナンシャルプランナーのことをいいます。

このサイトでは、企業内FPと独立系FPのメリットやデメリットを説明しているほか、ファイナンシャルプランナーにどうやって保険相談をすればいいのか、探し方や選び方の情報提供もしています。保険相談のプロに話をしてみたいという具合に、興味がある方は別のページの内容もぜひチェックしてみてください。